専業主婦でもお金が借りられるところは

 

 

専業主婦の方がお金が足りなくなったときに困るのが借入先です。それはキャッシング・カードローンをご利用するには安定した収入が必要だからです。お金を貸す側としては安定した収入がないと、後で返済を滞納してしまうリスクが増えてしまいます。キャッシング・カードローンでは基本的に担保や保証人不要ですので、返済を滞納されると回収が困難になってしまいます。

 

【1】総量規制で専業主婦ではご利用できない

 

消費者金融や信販などの貸金業者は総量規制で借入総額が年収の3分の1までと制限されています。基本的に家庭内で専業主婦をしている方は、収入があるのは配偶者の方だけと言う場合がほとんどだと思います。専業主婦の方ご本人が安定した収入を得るのは難しいので、貸金業者のキャッシング・カードローンをご利用するのは難しいです。本来は総量規制では配偶者の方と併せて年収の3分の1までなら例外貸付に該当し、専業主婦の方でもご利用できるはずになっています。しかし配偶者の方の同意が必要、さらに配偶者の方との婚姻関係を証明する書類が必要であるため貸付していないキャッシング・カードローンが多いです。

 

【2】専業主婦でも借りられるところは

 

専業主婦ではどこからも借りられないと言うことは無いので大丈夫です。大手の消費者金融では専業主婦には貸付していないところがほとんどですが、中小の消費者金融では貸付しているところがあります。その代わりに配偶者の方の同意と、配偶者の方との婚姻関係を証明する書類の提出が求められます。もし配偶者の方に内緒でお金を借りようとしても出来ないです。手続きもパート・アルバイトで働いていて安定した収入がある主婦の方より煩雑になります。

 

【3】銀行のカードローンは専業主婦でも借りやすい

 

銀行のカードローンでは専業主婦の方用に30万円や50万円までのご利用限度額をご用意しているところがあります。まとまったお金を借りることは出来ませんが、生計費や趣味や旅費くらいの目的なら十分なご利用限度額です。銀行は貸金業者ではなく銀行業です。このため総量規制の対象外であり、配偶者の方の同意は勿論の事、配偶者の方との婚姻関係を証明する書類も不要でお申込みができます。専業主婦の方だと収入証明書類の準備が難しいですが、30万円や50万円までのご利用限度額なら不要でお申込みが出来るので大丈夫です。専業主婦の方ご本人の運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を準備するだけで済むので手続きが簡単です。

 

終わりに

 

中小の消費者金融より銀行のカードローンのほうが安心感がありますが、その代わりに審査に厳しいことが多いです。属性によっては審査に落ちることもありますので、銀行のカードローンの審査では不安がある場合で、配偶者の方の同意と、配偶者の方との婚姻関係を証明する書類を準備出来る場合は中小の消費者金融に申し込まれると良いでしょう。